新潟市西区で歯周病治療に取り組むわしざわ歯科
ブログ
  • HOME »
  • 歯周病の治療の流れ

歯周病の治療の流れ

歯科衛生士数

当院では歯科医師含め4人スタッフで業務をすすめています。
歯科用の治療台(ユニット)は三台しかないのですが、衛生指導記録の作成や患者さんへの情報提供などにも少なからず時間を割いていますので、どうしても4人は必要です。

歯科衛生士の採用に苦労している医院も少なくないと聞きます。
お陰様で、昭和63年の開業以来何回かの歯科衛生士募集の時には毎回6~7名の応募があります。
現在は月一回の土曜日(午前のみ診療)勤務としていますので、週末に連休が欲しいという歯科衛生士には人気のようです。

少し古いデータですが、厚生労働省の調べでは平成20年末の診療所に就業する歯科衛生士数は全国で87446人、新潟県では1874人となっています。
http://www.jdha.or.jp/dh/info_employ.html
新潟県の歯科医院は1200医院ほどありますので、1医院あたり平均1.5人となります。
予防を重視している歯科医院では、当院と同様に歯科衛生士の待遇改善に留意していますから、1医院で3人~4人の歯科衛生士を雇用している医院も少なくないわけですから、1医院あたり平均1.5人ということは、歯科衛生士が0の歯科医院もかなりの数になっているようです。
私たちは歯周病を始めとする歯科疾患の予防のためには、平均的な歯科医院では、少なくとも1医院に3人程度の歯科衛生士が必要と考えています。

しかしながら、この数字を見る限り、まだまだ「削って詰める治療」が主体となっている歯科医院が少なくないという見方が出来ます。
「求人を出しても歯科衛生士が来ない」と嘆く前に、勤務待遇の改善なども必要かと思いますので、このホームページをご覧の歯科医師の先生方にはご参考になれば幸いです。

◆歯周治療は患者さんと歯科医の共同作業

歯周病の予後は、以下の3つに大きく依存します。

(1)   初診時にどのくらいまで疾病が進行していたか

(2)   危険因子の把握が正しくなされ、対処されたか

(3)   患者さんのコンプライアンスが高いか

   (医療担当者の指示や注意をよく守り実行するか)

歯周病の治療は共同作業

慢性の病気である歯周病は、歯科医師や歯科衛生士など、術者の治療だけでは治りません。

患者さんと術者の共同作業なのですから、患者さん自身が、歯周病についてよく理解する必要があります。

治療の流れ


2つの基本治療

2つの基本治療  

このような目的で治療をします。

  • 歯肉の炎症症状を止める
  • 歯周ポケット内の諸症状(出血・排膿・浸出物の存在等)を止める
  • 付着の喪失と歯槽骨の吸収を停止させ、安定させる
  • 再感染のもとになる歯周ポケットをできるだけ減少させる
  • 再感染と炎症の再発をおさえる
  • できれば歯根面への新付着をはかる
  • 動揺歯を安定させる
  • 健康で機能的な咬合を確立させる
  • 外観的にも美しい歯周組織を創り出す

 患者さん心得:これだけは覚えておきましょう

  1. 歯周病は細菌が原因の感染症である
  2. 組織学、細菌学的には、歯周ポケットからバイオフィルム(歯石やプラーク)を完全に除去することは不可能である
  3. 慢性疾患であり、完全な治癒は難しいが、コントロールはできる
  4. 治療後は、メインテナンスをしなければ感染力が抵抗力を上回り、再び付着の喪失が起こりえる

PAGETOP