歯科治療費の比較

海外出張、海外留学などに役立つ情報

●アメリカ
日本のように国民皆保険ではなく、また国が管掌する保険よりも民間の保険会社が請け負う保険が多い。
アメリカに医療保険制度がないというのは日本のような政府管掌の公的な医療保険制度がないという意味で、高齢者を対象としたメディケア、低所得者を対象としたメディケイドという公的医療保険があるだけです。
日本の公的保険のうちの一部分が整備されているに過ぎません。
基本的には、健康管理は自己責任という考えが徹底しています。
医療保険に未加入者が全体の2割もいて、問題になっているそうです
歯科治療費は非常に高額で、受付で治療費の支払い能力を確認されることがあり、現金、クレジットカードなどを持参しましょう。

基本的には完全予約制ですので、事前にきちんとした予約が必要です。
アメリカでは虫歯を放置している人や歯並びの悪い人は治療費を出せない人とみなされます。
また年間の歯科受診率は日本が41.1%に対し、アメリカは69.0%と大差があります。歯並びや見た目には非常に気を使い、矯正治療、審美歯科、ホワイトニングをおこなう人も多く、定期検診や歯石除去などの予防処置をおこなう人も多くいます。


歯科治療費の比較

国別/治療

初診料

レントゲン写真

 インレー
(金属の詰め物)

クラウン

 総入れ歯

 日本

 550-800円

 950-1300円

 1200-1700円

 2400-3100円

 9300-15000円

 アメリカ

 3000-9000円

 9000-15000円

 5万-9万円

 7万-13万円

 13万-20万円


●イギリス
イギリスで受けられる医療は、NHS(National Health Service)(国民保険)と自費治療に分けられます。
NHSは待ち時間が長かったり、サービスも劣るので、自費治療を選択する人が少なくありません。駐在員や留学生でも半年以上滞在する場合はNHSに加入できます。自費治療は全額自己負担です。


●ドイツ
収入が限度額以下の人は公的医療保険に会員として加入する義務がある。
一定額以上の収入のある人は、公的医療保険か民間の医療保険かを選択できます。
低所得者800万人と18才以下の1,200万人は自己負担から免除される。
民間の医療保険のほうが公的医療保険よりも医療サービスが充実しています。
受診する際は予約をしたほうがよいでしょう。
民間の医療保険に加入していれば優先的に診てもらえます。歯科医院の衛生状態は良好で、治療水準も高いです。

▲このページのTOPへ

このページをシェア