歯周病が糖尿病を悪化させると聞きましたが、本当でしょうか

<コントロールされていない糖尿病患者の口腔症状>

1.傷の治りが遅い

2.唾液の分泌量が減り、口がかわく

唾液の量が少なくなるとプラークや歯石の量が増加し、う蝕や歯周病にかかりやすくなります。 また、投薬を受けていると、副作用で唾液量が減少する場合もあります。

3.口腔粘膜や舌に灼熱感がある

4.歯肉溝(および歯周ポケット)内滲出液中に糖が増加する

「歯周病と糖尿病」についてご質問いただいた方からは、「歯周病と喫煙の関係」についてもご質問頂くことがございます。

このページをシェア