インプラントに寿命ってあるの?~インプラントの寿命をのばすために~

Dental teeth dentistry model

ブリッジや入れ歯などは途中で歯の土台が虫歯になったり、合わなくなったりして作り直しが必要な場合があります。ではインプラントにも寿命はあるのでしょうか。

インプラントってどんなもの?

インプラントとは、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合に欠損部分に人工歯根(インプラント)を埋め込むことです。

インプラントはこの人工歯根と歯冠の代わりの人工歯の上部構造、これらの二つを連結するアバットメントという構造からできています。

インプラントに寿命はあるの?

インプラント自体は腐ったり、長年お口の中に入れていることで溶けたりということはありません。しかし、インプラントも歯と同じように歯石はつきます。

また、口腔ケアをしっかり行わないと歯周病にもなります。

歯周病によってインプラントが脱落してしまう

インプラントの周りの骨が歯周病になり、悪化してしまうと骨が溶かされてインプラントがぐらぐらしてきて取らなくてはいけなくなることがあります。

また、インプラントの周りがインプラント周囲炎などになり腫れたりすることもあります。

インプラントの寿命を延ばすためにはなにをしたらよいの?

一番大切なのが、お家で行う毎日の口腔ケアです。

インプラントもそうですが、それ以外の歯も歯周病にならないようにしっかり補助用具などをつかって口腔清掃を行いましょう。

歯医者での定期健診

ご自身ではしっかりと口腔ケアできているつもりでもプロから見ると歯ブラシがきちんと当たっていないところがあったりします。

また、歯周ポケットの中は歯ブラシでは磨くことはできませんよね?

それらをしっかりと歯科医師や歯科衛生士にクリーニングしてもらったり、チェックしてもらったりしましょう。

かみ合わせなどもしっかりみてもらいましょう

インプラントを入れて時間がたつとインプラントに強くかみ合わせがあたってしまうというトラブルも出てきます。

そのため、定期健診の時などかみ合わせの調整なども必要となります。

気になることがあればすぐ主治医の元へ!

痛みや違和感などなにか不具合が生じた場合はそのまま放置するのではなく、歯科医院へ連絡しましょう。インプラントは保険外の治療ですのでせっかくいれるのであれば、寿命ものばして健康な口腔内にしましょう。

このページをシェア