インプラントとは?

インプラントの誕生

従来は歯を失った場合にはブリッジといって、失った歯の両隣の歯を削って、ない部分の歯をつくり、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていました。

ところが、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなることがあります。

また、取り外しの入れ歯は、堅い物を咬むと痛みがあったり、咬む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。

インプラント治療

インプラント治療は人工歯根治療(じんこうしこんちりょう)ともいわれ、歯の抜けた部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を入れて支柱とし、その上に支台部(歯を直接支える部分)と人工の歯をしっかりと固定する治療法です。

丈夫な歯

丈夫な歯を

インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として最も安全であり、また顎の骨がしっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した歯を作ることができます。

入れ歯ではどうしても満足することが難しかった“食べる・話す“こともインプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことができます。

このページをシェア