児童虐待と法歯学

児童虐待を早期発見

産経新聞になるほどという記事が掲載されていました。歯を使って幼児虐待を早期発見しようという試みです。

「法歯学」という分野があり、歯の特徴を使って人物の身元を判別することは周知のことでしょう。

虐待

520人が死亡した昭和60年の日航機墜落事故。遺体の損傷が激しく、身元の特定は難航したが、群馬県警に委託された法歯学者や民間の歯科医が歯型や治療痕の照合を行い、犠牲者の40%以上の身元確認にこぎつけたそうです。このように、よく事故や事件の際の身元判別の際に活用されています。

歯科医と連携し早期発見

今度は、歯科医と連携して幼児虐待を早期発見しようということで歯が注目されています。

東京都歯科医師会が虐待を受けた12歳以下の子どもの歯を調べたところ、虐待された児童は、一般の児童より虫歯の本数が多く、治療の傾向がみられないそうです。

虫歯ではないのに歯の色が変色している場合は、過去に強い衝撃を受けた可能性があるそうです。幼児虐待を受けていれば、虫歯になっても歯医者さんに連れて行ってもらえない、ちゃんと歯磨きの習慣ができていないなど、可能性としての幼児虐待のサインのひとつと考えられるかもしれません。

このページをシェア