お口の大敵-歯周病

初期症状は歯肉炎

歯周病の主な症状歯周病初期は歯肉炎とも言います。

歯を磨く時、歯肉から血が出て、さらに症状が進むと、歯根と歯肉の間の溝が深くなり、歯周嚢袋が形成され、歯肉の炎症がひどくなり、歯槽骨の破壊に至ります。

悪化すると膿や口臭が

そうなると、膿、口臭、歯が揺れるなどの状態となり、その状態を歯周病といいます。早急に治療しないと、歯の脱落となってしまいます。

ほとんど痛みを感じないため、歯周病患者は通常気づかないうち、いろんな影響が出てしまいます。

成人の80%が歯周病

成人の80%は歯周病と言われています。

<歯周病が人体にもたらす弊害>

○口臭

○歯が抜ける

○視覚上の問題(歯が長くなったり、移動したりする)

○内臓病気の引き起こし 

治療後も定期健診を!

治療後も、口腔衛生の良い習慣を続けなければなりません。

定期的に歯科医院で検査をしてもらいましょう。

歯が残っていないと長生きはできません。以下のグラフは45歳以上で20本歯が残っている人の割合です。

(厚生労働省・平成17年調べ)

歯のグラフ

このページをシェア