インプラント矯正

インプラント矯正とは

インプラント矯正とは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば、矯正用につくられたインプラント体を顎骨に埋め込み、これを固定源として、従来の矯正治療では困難であった歯牙移動を可能とする治療方法とされている。

インプラント

治療期間の短縮も

治療期間の短縮や、いわゆる「アゴ切り」と呼ばれる顎離断手術等の外科的治療が必要とされたケースに使用される。

治療期間が一般的歯列矯正より短く、一般的に外科手術が適応の症例においても手術なしで行うなど、抜かない治療の幅が広がるメリットがある。

荷重の予測

口腔内に歯列矯正用インプラント材料を埋入する必要があるが、インプラント専門医から見ると、その手術自体はそれほど難症例ではない。一番のポイントは、固定源としてどれだけの荷重に耐え、どれだけの期間、顎骨と親和性を保たれるかという点だ。

この荷重の予測が、一般のインプラントとは異なる三次元的な荷重であるところがインプラント矯正(矯正用インプラント)の大きな特徴だ。 

インプラント矯正専門医

また矯正用インプラントとは言え、一般のインプラントと侵襲(整体への影響度)や手術の滅菌レベルが異なるわけではないので、十分な症例数を持つ専門医を選ぶ必要がある。

国内ではICOI日本支部などの学会にインプラント矯正専門医の認定コースがある。

このページをシェア