歯牙再植ってなに?

歯を元の場所に戻す治療

歯牙再植とは、事故などで歯が抜けてしまったり、治療をしても上手く治らない歯をわざと抜いて、再び元の場所に戻すことです。

入れ歯やインプラントとは異なり、自分の歯ですから体に対してなじみがよいので条件が合えばとてもいい方法です。

歯牙移植ってなに 

どのようなとき歯牙再植を行うのか

転んだり、ぶつけたりして歯が抜けてしまった場合

転んだりして歯が抜けてしまったらもちろん痛みはありますが、歯が抜けたことにびっくりしますよね。

しかし、歯が抜けてしまってもその歯を捨てたりしないで下さい。歯を元の位置に戻せる可能性があります。 

歯の根っこが重要

歯を戻すためには、歯の根っこの周りにある歯根膜が残っていること、汚染されていないこと、傷ついていないことが重要です。

歯根膜が細菌感染していたり、傷づいていたりすると歯牙再植の成功率は低下します。

そのため、歯が抜けてしまった時に汚れていても水で洗ったり、汚いからといってテッィシュで拭いたり、乾燥させたりしないでください。

どのように保存するか

保存の方法は、保存液などがあればその中に入れて乾燥しないようにします。

保存液が無い場合などは、牛乳に入れて保存する、自分のお口の中に入れておく、などして歯根膜は変性させないようにします。

そして、すみやかに病院へ行くようにしましょう。

歯牙移植成功のカギ

歯が抜けた状態で時間が経ってしまうと、その分歯根膜の状態が悪くなり、歯牙再植の成功率は低下します。 

抜けてしまった歯は、歯を元の位置に戻し、隣の歯とワイヤーやレジンなどで固定します。

数週間固定することで抜けた歯が元の位置に戻り、再び歯の機能を取り戻すことが可能となる場合があります。

しかし、成功の確率は100%とは言えません。

術後トラブルもあり

歯牙再植を行った術後にトラブルが起きることもあります。

再植した数年後に骨と癒着を起こしてしまったり、傷のついた歯根膜から歯が溶けて虫歯になってしまったりすることがあります。

怪我をしないことが一番ですがもし、このようなことが起こった時のために、覚えておいて下さい。

このページをシェア