電動歯ブラシのメリット・デメリット

電動歯ブラシの使用

みなさんは、電動歯ブラシを使用していますか?

それとも、普通の手用の歯ブラシを使用していますか?

ここ数年で電動歯ブラシは安く購入する事ができるようになり、とても普及してきました。

今ではたくさんの種類の電動歯ブラシが販売されています。音波振動と超音波心動と電気振動の種類があります。音波振動と電気振動は歯ブラシが動きますが、超音波歯ブラシは歯ブラシの毛先がほとんど振動していません。手用の歯ブラシと同じように使います。音波振動と電気振動の歯ブラシは当てるだけになります。

電動歯ブラシのメリット・デメリットについてお話します。

電動歯ブラシ

<メリット> 

・ゴシゴシと左右に手を動かさなくて良い 

手用の歯ブラシは、歯磨きをするときに手を左右に動かし、ゴシゴシ磨く事で汚れを落とします。しかし、電動歯ブラシは、歯に当てるだけで歯ブラシ自体が振動して磨いてくれるので動かさなくても磨けます。 

・短時間で磨ける 

手用の歯ブラシよりも短時間で磨くことができます。

超音波歯ブラシや、音波歯ブラシは、1秒間に振動する回数が多く、虫歯の原因となるプラークを除去する能力が高いということもメリットの一つです。 

<デメリット> 

・刺激が大きい 

振動の刺激によって歯ぐきや歯を痛めてしまうこともあります。

電動歯ブラシを使う時に力を入れすぎてしまい歯ぐきや歯を傷つけてしまっては逆効果になります。 

お年寄りや子どもが電動歯ブラシを使っている場合、お口の中が傷ついていないかチェックしてあげるのも良いかもしれません。

さまざまな種類の電動歯ブラシ

最近では、歯への力のかけすぎ(押しすぎ)防止機能のついた電動歯ブラシや、歯ぐきのマッサージ機能がついたもの、磨いている時間が分かるようにタイマーのついたものがあるようですので、自分にあった電動歯ブラシを選ぶようにしましょう。

基本はブラッシング

電動歯ブラシを使用する際は基本のブラッシングが重要となります。電動だからといって、歯磨き自体が雑になってしまっては逆効果です。電動歯ブラシに頼りきりにならないようにしましょう。正しいブラッシングで清潔な口腔内を保ちましょう。 

今、手用歯ブラシを使うか、電動歯ブラシを使うか悩んでいる方は、電動歯ブラシのメリット・デメリットを知った上で、どちらの歯ブラシを使うか考えてみて下さい。もし分からない事などがあれば一度歯科医院に相談してみましょう。

このページをシェア