歯科衛生士と歯科助手のちがいって?

歯科医院で診療の補助しているのって誰?

みなさんが歯科医院に行かれたときに、歯科医の先生の他に先生の補助をしたりする人を見たことがあると思います。

その人は歯科衛生士、または歯科助手といいます。

では歯科衛生士と歯科助手ではどのような違いがあるのでしょうか。 

歯科衛生士

【歯科衛生士】

歯科衛生士は最低2年制の専門学校か短大に通い、歯科衛生士の国家資格を取得しなければなりません。歯科衛生士は、歯科医師の補助をするだけでなく、みなさん国家試験に合格している歯のスペシャリストなのです。

歯科衛生士の主な役割としては、歯科予防処置・歯科診療補助・歯科保健指導の3つがあります。 

<歯科予防処置>

・プラークや歯石の除去

・機械的歯面清掃(PMTC)

・フッ素の塗布

・スケーリングルートプレーニング

など。

お口の中のクリーニングや歯石をとりますねという行為がこれにあたります。また、歯に穴があいているところに仮のつめものをつめる事も出来ます。(予防填塞) 

<歯科診療補助>

・歯科医師の診療補助

・カルテ整理・管理

・室内清掃

・器具の滅菌・消毒

など。

歯科医師の指示を受け、医療行為のサポートを行います。 

<歯科保健指導>

・ブラッシング指導

・口腔内の相談

・口腔内の機能訓練

など。

みなさんが小さいころ、学校や幼稚園・保育園などで歯の模型を使って歯磨きのやり方を教えてもらったり、お口の中を赤く染めて汚れている歯を確認したりした記憶があると思います。これも歯科保健指導です。

【歯科助手】

では、歯科助手とはどのような人のことをいうのでしょうか。

歯科助手は公的資格が必要ないので国家資格をもっていなくてもなることができます。また、歯科の医療行為は行ってはいけません。

院内の清掃などは歯科助手の仕事

具体的な仕事としては、院内の清掃、片付け、事務、受付など歯科医療業務以外の業務を行う事ができます。 

このように、歯科衛生士・歯科助手ともに歯科医院には大切な働きをする存在となっています。これらを知った上で歯科医院に行かれるのも楽しいかもしれませんね。

このページをシェア