舌がしびれる?舌痛症とは

原因不明の病気舌痛症

みなさんの中には舌痛症(ぜっつうしょう)って聞いたことがある人はいますか?

名前の通り、舌が痛くなったり、しびれたりする原因不明の病気です。

今回は舌痛症についてお話しします。 

【舌痛症の症状】

舌痛症の最大の症状は舌の痛みです。ヒリヒリ、ピリピリする、あるいは舌がしびれる感じがするといった痛みが舌に起こります。

痛みは一日中続くわけではなく、起床時から寝る時まで痛みの波があります。寝る前に痛みがひどくなるという例も何件かあるようです。

また、痛みのある場所は同じ場所ではなく、場所が変わるのも特徴です。

このような症状があるにもかかわらず、他人がみると、舌の状態には異常がなく正常なので、なかなか理解してもらえない病気でもあります。

また、何かに集中しているときなどは症状があまりでません。 

【舌痛症の原因】

現時点では残念ながら原因ははっきりしていません。今のところ考えられているのは、日頃ストレスを抱えている時に発症しやすいといわれています。

舌痛症は過去に強いストレスを受けた精神ストレスのある人や、閉経した特に40歳以上の女性に多くみられると言われています。

そのため、ホルモンや自律神経の乱れとも関係しているのではないかといわれています。また、自分は癌だと思い込んでしまうがん恐怖症の人の中にも多いと言われています。 

ストレス

【舌痛症の診断】

他人からみても特に異常がない舌痛症。ではどのように判断するのでしょうか? 

  • 見た目は特に異常なく、さまざまな検査でも異常がない
  • 舌に関係する口の中の病気もない
  • 痛みは舌の表面が痛む
  • 毎日2時間以上繰り返し痛みが続き、それが3か月以上ある 

【舌痛症の治療】

舌痛症の治療は一般の歯科医院ではなく、歯科心療科などを掲げている病院でみてもらうようにしましょう。たいてい、心療療法や薬物療法などが行われます。 

舌痛症の他にも舌に痛みが出る病気はたくさんあります。(口内炎、カビが原因のものなど)症状のある人は一人で悩まないで歯科医院や病院に相談してみましょう。

このページをシェア