新潟市西区で歯周病治療に取り組むわしざわ歯科
ブログ
  • HOME »
  • どうしてなるの?歯周病

どうしてなるの?歯周病

歯肉炎は知らない間にはじまっています

歯肉炎の症状

口の中の細菌数が増えるにつれて、歯肉溝の部分に炎症症状が現れます。歯肉が赤く腫れ、出血が起こり、仮性ポケットが形成されます。これが歯肉炎です。

この段階で、病気に気付いて適切な治療を受ければ、大部分の歯肉炎は健康な歯肉に回復します。

 

歯肉炎の分類

 ◆大部分の歯肉炎細菌性プラークによる歯肉炎

(単純性歯肉炎)

 ◆その他の歯肉炎

1.ステロイドホルモンによる歯肉炎

2.薬剤の副作用による歯肉炎

3.急性壊死性潰瘍性歯肉炎 など

歯周炎の分類

歯周炎の分類

なぜ歯周病になるのでしょう?

歯周病はなぜ起こる?

歯肉炎から歯周炎へ

 

歯周病は、歯と歯肉のあいだ(歯肉縁下)に入った歯周病原菌によって起こります。

細菌が作る歯周ポケット

細菌の活動は、歯と歯肉の間の結合組織を徐々に壊し(付着の喪失の始まり)、すきま(歯周ポケット)を作ります。

このとき生体の防御力は、タバコやストレスなどの危険因子によって、大きく左右されます。

歯周病の初期の段階が歯肉炎で、炎症が深部組織(セメント質、歯周靱帯、歯槽骨)に進行したものが歯周炎です。

歯周病の危険因子

局 所 的 因 子 

全 身 的 因 子 

●歯の形態 

●歯列の中の歯の位置(歯根の近接

●歯周組織の形態 

●咬合関係(咬合の異常や咬合習癖) 

●歯科医原性の治療 

●唾液腺の状態 

●口呼吸 

●プラーク中の病原菌 

口腔衛生の状態(コンプライアンス) 

●遺伝的疾患 

●内科的疾患(糖尿病など) 

●ウイルス性疾患 

●ホルモンの分泌異常 

●精神的ストレス 

●喫煙、多量の飲酒 

●薬剤の服用による副作用 

加齢(防御機構の減弱) 

 

 ◆口腔と全身は密接に関係し合っています。

▲このページのTOPへ

こうなったら歯周炎

歯肉炎を放置すると

歯肉炎を放っておくと、歯と歯肉を結び付けている歯周靱帯(歯根膜)がこわされ(付着の喪失)、そこに歯周ポケットが形成されます。

歯がぐらぐらに・・・・

続いて歯槽骨が吸収して歯がぐらぐらになり、(歯の動揺)、さらには歯周ポケットからうみが出るようになります。進行してしまった歯周炎は、治療して元通りの歯肉や歯槽骨の状態に戻すことはできません。

しかし、患者さんと歯科医の努力によって、ある程度まで健康な状態を取り戻すことは可能です。

歯周炎1

下の2枚はそのまま放置され、末期の歯周炎になった例です。このような状態まで進行してしまうと、抜かずに治療することはできません。

※ この症例写真は新潟市で開業されている石井歯科 院長 石井正敏先生より提供していただきました。

PAGETOP