新潟市西区で歯周病治療に取り組むわしざわ歯科
ブログ
  • HOME »
  • 歯周病のお話

歯周病のお話

1.歯周病とはどんな病気

歯周病とは

歯周病とは「歯の土台が破壊され、歯を失う病気」です。

これに対して虫歯は「歯そのものが破壊され失う病気」といえます。

原因は細菌感染

虫歯(齲蝕)も歯周病も細菌により起こります。細菌は、歯の表面や、歯肉についたプラーク(歯垢、歯苔)の中にいます。

両方とも歯を失うことに変わりありませんが、歯周病が進行すると歯の土台に致命傷を与え、入れ歯やインプラント等の処置が難しくなります。

歯を失う可能性も

歯茎も痩せて、周辺の健康な歯や治療中の歯にも悪影響を与えることになります。口の中が取り返しのつかない状態になる恐ろしい病気なのです。

そのうえ、統計的に見ても歯周病によって4割もの歯が失われています。

歯周病の症状は?

歯周病にも程度と症状はいろいろです。日常の歯のケアを怠っていると、歯周病の原因となるプラーク(歯垢、歯苔)が繁殖して、歯石(歯周病原菌の温床)が歯に付着します。

この状態では自覚症状がありません。ですが、立派な歯周病の予備軍です。

歯茎からの出血

「リンゴをかじると血がでませんか?」というフレーズを覚えている方もいらっしゃると思います。

歯ぐきから血が出る状態は、初期から中程度の進行具合です。

まだ歯肉炎(歯茎にの症状がでる)の状態です。

このまま進むと歯がグラグラして歯周組織(セメント質、歯根膜や歯槽骨など)が破壊される歯周炎となります。

お口の中の健康はこのようにして保たれています

お口の中には細菌が


歯の断面
皆さんのお口の中は、健康な状態であってもごくわずかな細菌が存在しています。

 

 

 

免疫の働き

人体には、もともと細菌の活動に抵抗する力があり、歯肉溝(接合上皮)の部分には、白血球、マクロファージ、リンパ球が移動してきます。そして細菌と戦う準備をします。これが免疫の働きです。

このように人体には防御機構が働いているのです。

口腔状況の把握

全国一の歯科医院の過密の新潟市では予防歯科の分野ではもっとも進んでいる市です。当歯科医院では予防歯科にも力を入れております。まず、自分のお口の状態を把握しましょう。

歯科医院へは歯が痛くなる前にメンテナンスとして来ていただきたいと思います。

虫歯も(齲蝕)歯周病も細菌感染症です

虫歯(齲蝕)も歯周病も細菌により起こります。細菌は、歯の表面や、歯肉についたプラーク(歯垢、歯苔)の中にいます。

細菌の活動に対する抵抗力(生体の防御力)は人によって大きな差があり、虫歯(齲蝕)や歯周病になりやすい人と、なりにくい人がいるのは、そのためです。

歯周病治療がよくわかる患者さん向けの小冊子を差し上げています。

歯周病治療がよくわかる小冊子プレゼント

 

PAGETOP